たらこのブログ。

ワーキングマザーのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、気になるニュースなどをシェアします。

思わず買っちゃった爪がピカピカになる爪やすり

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

やばいものを見つけてしまいました。
ドラッグストアでガラス製の爪やすりのテスターがあったんです。

最初は単なるガラス製の爪やすりだと思ったんですが、これ一本で「爪の形を整えて」「ピカピカになる」とのこと。
百均でプラスチックやスポンジに爪をピカピカにする紙やすりがついているものを買ったことがあったんですが、ガラス製なのでそれとは明らかに違うわけです。

最初は使い方がわからなかったんですが、やすりになっている部分で、爪の形も整えられるし、その面で爪の表面をこすると確かにピカピカになるんです!
テスターをちょっと使っただけですぐにピカピカになったので、おおおー!と勢いで買い物かごに入れてしまいました。

Amazon楽天でも買えます。超おすすめ!!

Before

After(あんまり違いがわからないかもしれませんが、磨いた直後はもっとツルツルでした)

トプラン クリスタルネイルシャイナー

トプラン クリスタルネイルシャイナー

親が楽しめちゃう『国立科学博物館のひみつ』

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

首都圏で育った方なら、上野にある国立科学博物館に行ったことがある方が多いと思います。 たらこも数回、行ったことがありました。 大人になってから久しぶりに行ったら、なんだかすごくリニューアルされていて楽しかった記憶があります。 とはいうものの、5年以上は行っていませんでした。

そんなたらこですが、Microsoftの元社長で、現在は書評サイトHonzの代表をしている成毛眞さんが書いた科博の紹介本を読んだら、また科博に行きたい!という気持ちがムクムクと湧き上がってきました。

国立科学博物館のひみつ

国立科学博物館のひみつ

国立科学博物館のひみつ 地球館探検編

国立科学博物館のひみつ 地球館探検編

2冊ともカラー写真が満載で、めちゃめちゃ好奇心をくすぐられます。 科博には子ども向けの「コンパス」という施設があるそうで(しらなかった!)整理券をもらわないと入れないそうです。

この本を読んで、「深海展」に興味があったこともあり、さっそく科博に行ってきました。

科博は週末夜間営業してる!

土曜日の夜に行ったんですが、科博って金曜日と土曜日は夜20時まで営業しているんですよ。 ただし特別展(深海展とか)は展示ごとに営業時間が決まっていて、たらこが行ったときにはすでに閉まっていたので常設展だけ楽しみました。

通常 9:00 ~17:00(入館は16:30 まで) 金曜日・土曜日 9:00 ~20:00 (入館は19:30 まで)

深海展は次回リベンジします。 深海の本、Amazonでレビューが良かったのでこれ買ったんですが、写真だらけでとっても面白いです。

深海生物大事典

深海生物大事典

たらこ家では講談社の動く図鑑MOVEを集めているので、『深海の生きもの』も購入予定です。

EX MOVE 深海の生きもの (講談社の動く図鑑MOVE)

EX MOVE 深海の生きもの (講談社の動く図鑑MOVE)

科博のリピーターズパスがびっくりするほどお得

これから何度も通うだろうと思ったので、リピーターズパス(年間パスポート)を購入しました。高校生以下は無料なのでオトナの分だけ。 なんと年会費1,030円で何度でも常設展に通えます。特別展も展示によって割引になる場合もあるそうです。(深海展は割引あり) 通常の入館料は620円なので、2回行けば十分元が取れます。

すごいのはそれだけじゃありません。 音声ガイドが1回目は310円、2回目以降は無料で借りられるのもすごい。 しかも売店やレストランは10%オフと、これはリピーターズパス買わないと損です!!

科博のミュージアムショップがおもしろい

ミュージアムショップの品ぞろえもなかなかのもの。

ダイオウグソクムシのティーストレーナー(茶こし)を購入。 ムスメはなぜか「ゴキちゃん」と呼んでます・・・

他にも魚や動物、恐竜のティーストレーナーなどたくさんあって迷いました。

ムスメがほしい!と言ったのは氷を作る氷製皿(アイストレー)。 ピンクだからほしいと言ったのではと思いつつ、深海生物だったので買っちゃいました。 ジュースに浮かべて楽しんでます。

たらこたちは夜の1時間だけの滞在でしたが、買い物も含めて十分楽しめました。 また今月にでもふらっと行こうと思います。

4歳児にABCmouseをやらせてみたけど微妙だった

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

ムスメの英語教育に興味を持ち始めたたらこです。
海外の友人には「パパとママが家で英語で話せばいいのよ」とか軽く言われるんですが、それも不自然だし・・・

先日、自宅近くの英語の学童保育の体験レッスンに参加しました。
日本人の子ども同士がどこまで英語で話せるのかは疑問ですが、学童保育ならほぼ毎日数時間過ごすわけだし、いい選択肢かもしれないなと思います。(高いけど)

でもそれは小学校入学後のお話なので、今をどうするかは別問題。
英会話教室に週1とかで通わせるつもりはありません。自分の経験上、週1じゃ意味ないと思うからです。それに毎週土曜日とか予定をブロックされるのは嫌だ。

自宅で週2回くらい30分ずつ楽しみながら触れさせるぐらいがちょうどいいなと思っています。
となるとSkype英会話か、ABCmouseのような英語学習アプリか、ディズニー英語システムか。

まず、ディズニーは販売形態にアレルギーがあるのでアウト。それにそんなにつきっきりで勉強させられないし。

ABCmouseも試してみましたが、正直ゲームっぽさが少なくてあまり面白くない。子どもの集中力が持ちませんでした。

子ども向けSkype英会話をいくつか試しましたが、これも全く英語がわからないレベルのムスメにはちょっと厳しい。
相手が言ってる意味がわからないので、「もうやだ!」となってしまいます。
かろうじて画面でゲームをやらせてもらえると楽しんでいましたが、あまり有益な時間の過ごし方とも思えず・・・悩ましいです。


この本面白かったです。
でも要するに子どもをバイリンガルにするには親の努力が必要だとわかりました。

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

英語の歌をかけ流すのも良いそう。

Wee Sing Children's Songs and Fingerplays

Wee Sing Children's Songs and Fingerplays

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。