たらこのブログ。

ワーママのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、日々思うこと、投資方法などをシェア。骨格はストレート、パーソナルカラーはサマーです。

海外で子供にアイスを注文させてみた

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

この夏に行ったヨーロッパ旅行先は英語圏ではありませんが、英語が普通に通じる国でした。

ムスメに英語で話す機会を作りたかったので、アイスクリームスタンドで自分で注文させてみました。

アイスクリームを注文するハードル

アイスクリームスタンドの難点は、意外と関門がたくさんあるところ。

1. アイスクリームの種類がわからない

まず、なんのアイスクリームを売っているのかはスタンドによって異なります。アルファベットも読めないし質問もできないムスメのために、下見をしないといけません。

2. ショーケースに背が届かない

しかも、アイスクリームスタンドは小学生くらいの背の高さにならないとアイスクリームのショーケースを見ることができません。

3. コーンやカップが数種類

また、コーンとカップの種類もいくつかあります。値段も変わります。

4. ボールの数も聞かれる

そしてボール(スクープ)の数も選べます。

単純なようでいて、英語の話せないムスメにとっては意外とハードルが高いのです。

たらこは中学生の頃に家族でマウイ島に行き、父に英語でかき氷を注文させられた経験があります。

ブルーベリー味を注文したら、出てきたのがルートビア味だったのがトラウマで英語に苦手意識を持つようになりました。発音ぜんぜん違うじゃん…(色は似てたので間違えてルートビア味のシロップをかけたのではないかと思いたい)

さすがに初回は少しサポート

最初のチャレンジで自信を失わせるのは逆効果になりそうだったので、初回はサポートすることにしました。

ムスメを抱っこして、ショーケースを見せます。ラベルのないアイスクリームがほとんどだったので、ムスメが興味を持ったアイスクリームのフレーバーをたらこが質問し、教えます。

フレーバーが決まったら、ムスメが注文します。ムスメが選んだのはキャラメル味。

「キャラメル…」

ムスメの声が小さすぎたのと、日本語っぽい発音だったので初回は通じませんでしたが、2回目でわかってもらえました。

コーンとカップについては、一番大きいコーンを指差して選び、ボールの数はたらこが伝えてしまいましたが、おにいさんはキャラメルアイスクリームをコーンに入れてくれました。

ムスメがお金を渡し、おつりをもらって、はじめての英語のお買い物は終了です。

ちょっと(かなり)中途半端になりましたが、まぁはじめてなんてこんなものでしょう。

持ち運びしやすいコンパクト色鉛筆が外出先でのお絵かきに便利

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

たらこはこの夏10日間のヨーロッパ旅行をしたのですが、コンパクト色鉛筆に助けられたのでご紹介します。

荷物は少しでも減らしたい!そんな子連れ旅行にぺんてるマルチ8は必需品

ただでさえ子連れ旅行は荷物が多くなりがちです。 お絵かき好きなムスメのために色鉛筆を持って行ってあげたいけど、12本も持って行くのは大変。

そこでたらこはマインドマップを描くために購入した、8色の色鉛筆を1本にしたぺんてるマルチ8を持参することにしました。

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

もともとはデザイナー用の色鉛筆

このぺんてるマルチ8、もともとはデザイナー向けに開発されたものだそうです。 言われてみれば、デザインもシンプルでどこか工業的。

それがマインドマップに便利だとブレイクし、マインドマッパーの間では有名な商品になりました。

替え芯リフィルもたくさん(8色以上)あります。

ぺんてるマルチ8は子供のお絵描きにもぴったり

ぺんてるマルチ8はシャープペンの芯ではなく、優しい色合いの色鉛筆の芯が入っているので、子供のお絵描きにもぴったりです。

4歳のムスメにも使いこなせるシンプルな構造で、持ってきてよかった1本でした。

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

ぺんてる マルチ8セット PH802ST 色芯8色

今さらながら、ワーママがポケモンGOを始めた理由

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

ポケモンGO、やったことありますか?
たらこのブログをいつも読んでくださっている方は、「そんな時間ないよ」とおっしゃるのではないかと思います。

たらこも、そんな一人でした。
ゲームなんかやってる時間があるなら勉強したい、ムスメと遊びたい、家事したい、寝たい。
そう思ってました。

ゲーマーだった学生時代

たらこが子どもの頃はファミコンスーファミの全盛期。

たらこも例外にもれず、RPGにハマりまくりました。
ヒマさえあれば、ドラクエとFFをプレイする日々。

でもね、高校生だったある日、画面に表示されたFFの総プレイ時間が数百時間になっていたのを見て、気づいたんです。

あ、このプレイ時間を勉強に充てたら、どこの大学でも受かるわ

って。
その日からきっぱりゲームをやめて、その分の時間を勉強に充てました。

ゲームで集中力が鍛えられていたのか、おかげで大学受験も無事成功。
それ以来1分たりともゲームをしないまま大人になりました。

ゲームをやるやつはアホだ、ぐらいに思ってました。

1年以上かけて、ホリエモンたちに影響された

そんな頭の固いたらこですが、1年ぐらい前からホリエモン成毛眞が「ポケモンGOもやらないで新しい時代についていけるか」みたいな発言をしているのを何度も見ているうちに、「そうかも・・・」と思い始めたんです。

また、尊敬する勉強会仲間の一人が、「ポケモンGOをやっていると、旅先で歴史ある建造物などについて学ぶモチベーションになるのが楽しい」と言っていたのも気になっていました。
シンガポール人の友人もハマっていて、日本に来てプレイするのを楽しみにしていたのも記憶に強く残っていました。

だまされたと思って、ポケモンGOをダウンロードしてみました。
どうせ無料だし。

Pokémon GO

Pokémon GO

いまはムスメと一緒にやっています。
世界中の人々が熱狂したのだから、惹きつけられるなにかがあるのでしょう。
そういうものに、やってもいないのに拒否反応を示すのはよくないな、と反省しました。

気が向いたときにしか開かないので全然進みませんが、もう少し続けてみたいと思います。

ボールをまっすぐに飛ばすためのこれがほしい。

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産が順調に増えてます

2017年12月からWealthNavi(ウェルスナビ)で積立投資を始めました。

積立額は毎月5万円ずつ、2つの銀行口座から引き落としています。

なのでほんとは毎月10万円なんですが、片方の銀行口座はあまりメンテナンスしていないので、残高不足で引き落とされていないことも。 というわけで8ヶ月経ちましたが75万円の入金になっています。

利益は18,582円。マイナスだったときもありましたが、現時点ではプラスです。

ほったらかしで増えてきているので、おすすめです。 今後もマイナスになる時期もあると思いますが、長期的には増えるとみています。

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。