たらこのブログ。

ワーキングマザーのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、気になるニュースなどをシェアします。

ファミリーサポートに登録ができなかった

こんにちは、たらこ@Taracomomだよ。

たらこは仕事に復帰する前、住んでいる地域の子育てハンドブックに載っていたファミリーサポートに登録をしようと、電話してみました。

すると

  • 当日は登録できない。
  • 1~2週間後にヘルパー会員が見つかったら、それから登録となる。
  • センターとヘルパーとたらこの三者面談をする。

とのこと。

そんなに時間がかかるとは思ってなかったので驚きましたが、まぁ仕方ないと思って連絡を待ちました。

f:id:Taracomom:20140523110325j:plain

ファミリーサポートセンターから電話。ヘルパーが見つからないので登録できない?

1週間後、ファミリーサポートセンターから電話が来ました。なんと、たらこの住む駅は利用希望者が多すぎてヘルパーが見つからないので今回は登録できないとのこと。

まぁ見つからないのは仕方ないので、ではヘルパーが見つかったら連絡をくださいと伝えたら、それはできないとのこと。

しばらく経ってから、まだサービスが必要なようであれば連絡してください。こちらからは連絡しません。

だそうです。びっくりしました。

 

企業のサービスだったら考えられない

百歩譲って、ヘルパーが見つからないのは仕方ないと思うんです。相互扶助的なサービスなので、助けたいという人がいないと利用者も使えませんから。

でもね、サービスが必要だから連絡してるのに、しばらく経ってから必要があれば連絡しろ、こちらからは連絡しない、って、ちょっと行政のサービスとしてはひどいと思うのです。

 

役所に投書してみたけど、ちょっとズレた回答が・・・

これは不便だし改善してほしいなと思ったので、役所のご意見箱に投書してみました。もちろん、感情的にではなく、どこがどう不便で、どう改善してほしいのかを冷静に書いて。モンスター市民にはなりたくなかったので。

すると丁寧にお返事が来たのでびっくり。ただ、そこに書いてあることを要約すると

  1. ヘルパーが見つからないのはやむを得ないし、見つけられるように頑張っている
  2. 三者面談は安心してサービスを利用してもらうために必要である

とのこと。

うんうん。そこは理解できるのです。ただ、たらこが伝えた以下の2つの提案についてはふれられていませんでした。

  1. ホームページに登録まで時間がかかることを記載する
  2. ヘルパーが見つからずすぐに登録できない場合も、ヘルパーが見つかり次第センターから連絡していただく

さほどコストがかかるとは思えないんですよね。

2は少し面倒だろうけど、名前と電話番号と利用地域をリストにしておいて、近所のヘルパーが登録したら、リストの上位の利用希望者に電話すればいいだけです。

もっと使い勝手の良いサービスになるといいなと思います。

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。