読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たらこのブログ。

ワーキングマザーのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、気になるニュースなどをシェアします。

賃貸の火災保険を年間4000円安くする方法

節約

先日の日記で、賃貸の更新のお知らせと同時に火災保険の更新の時期が来たとお伝えしました。

火災保険は自分で探した安い保険に入れます

たらこは今の賃貸物件に住み始めるとき、不動産屋に言われた通りに火災保険に加入しました。

でも個人で探した火災保険に加入しても問題ないというブログ記事を読み、良い節約の機会なのでたらこも試してみました。

不動産屋に問合せたところ、問題ないとのこと。
加入後に証書のコピーを送れば大丈夫だそうです。

火災保険を変えたら年間で4000円、2年で8000円も安くなった!

もともと家財保険に600万円かけるプランに加入していて、2年間で20000円の保険料がかかっていました。

でもそんなに高い家財ばかりではないので、家財保険を300万円に減らしてみました。

ちなみにシミュレーションしたのはこちら。

お部屋を借りるときの保険 公式ホームページ | 賃貸住宅入居者向け家財保険 | 日新火災海上保険株式会社

家財保険 300万円
修理費用 300万円
借家人賠償責任 2,000万円
個人賠償責任 1億円
被害事故法律相談費用等 30万円

これで、2年間の保険料は12,000円になりました。
これまでの保険料より、2年間で8000円も安くなりました!

固定費を減らすと節約に貢献

毎日の食費のような変動費はなかなか減らせません。
そして減らすと満足感がグッと下がるのに、その割に節約できる金額は大きくありません。

一方、家賃や保険料、通信費などの固定費は、一度下げてしまえばあとは放っておいても節約できるので節約効果が大きいです。

まとめ:賃貸物件の火災保険は自分で加入しよう

賃貸の火災保険は不動産屋の勧める保険に入る必要はありません。

ネットで簡単に申し込めるので、自分で安い火災保険を探して加入し、証書のコピーを不動産屋に渡しましょう。

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。