たらこのブログ。

ワーキングマザーのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、気になるニュースなどをシェアします。

丁寧に暮らす・生きることへの違和感

北欧のデザインや雑貨の雰囲気が好きなたらこは、そういったものを暮らしに取り入れている方のブログや、お店のホームページなどをよく読んでいます。

この『123人の家』シリーズ、買ったことないけど北欧ブロガーの皆さんに人気。読んでみたい。

素敵だなぁ、憧れるなぁ、と思いながら読んでいる一方、「丁寧な暮らし」アピールがされすぎていると、ちょっと違和感を感じます。


スポンサード リンク


丁寧な暮らしはワーキングマザーにはムリ?

「市販の離乳食の味は私自身受付られなくて。子供の離乳食はすべて手作り。おでかけのときは自分で煮沸した瓶詰めを持参」

瓶詰めを自分で作るって発想、私には全くありませんでした。毎回じゃないけど、自宅で食べるときでも市販のレトルト離乳食使いますよ。キューピー・和光堂のおかげでムスメは生きてます。好き嫌いなくなんでも食べてくれます。


「毎日分単位でつけている日誌には、子供の起床時間や食事内容などを細かく記録」

産院でもらった成長記録アルバムに産後3ヶ月まで毎日一行日記みたいなのをつけられるので、それは書きましたが、時間なんて記録しようとも思わなかったです。それすら夏休みの宿題チックに溜めて書いてた。授乳は求められたときに飲ませてたので適当だし、寝た時間や起きた時間も把握せず、保育園入園するまで本能のままに寝て起きて過ごしてました。それでも元気に育ってるので特に支障は感じません。

「かつお節を削って取った出汁をストックしておけば時短になる」

これもすごいし、羨ましいです。たらこはほんだしサマサマです。でも、こうやって素材の味を子供に教えるのって大事なんだろうな、うちの子大丈夫かな、と不安になります。

「キッチンにはふきんを常備。毎日鍋で煮洗いで清潔に」

鍋を洗うのすら大変なのに、ふきんを煮る時間なんて取れそうにありません。したがって我が家にはふきんはありません。その代わり古いTシャツなどを切ったウエスを常備して、使い捨てにしています。でも服を切る手間がかかるので、キッチンペーパーでいいと思います。

ちなみにこちらが丁寧な暮らし系の方に人気の白雪ふきん。柄も上品で素敵なんだけど、煮洗いなんてできないのでたらこ家では臭くなること必至。


批判ではなく、羨ましいという気持ち

決して批判してるわけではないのです。不器用で時間のないワーキングマザーの私が、ゆっくり子供や家事に向き合える専業主婦への憧れやひがみ、妬みから生まれている感情なのかな。

リア充を見るとつらくなることってあるじゃないですか。それの一種で、丁寧に暮らしてる人が悪いわけでは全くないですよ。ただ、私にはムリだし、できないなぁと。

ちゃんとこういうことができるママってすごいなと思います。でも私はそこにパワーは割かないし割けない。それをちょっと吐き出したかったのでした。ちゃんちゃん。



追記
「丁寧な暮らし」系の「料理家」さんや「陶芸家」さんとかってなんで名前がひらがなやカタカナなんでしょうね。流行り?

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。