たらこのブログ。

ワーキングマザーのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、気になるニュースなどをシェアします。

3歳の保育園児の知育に役立つおすすめ教育本

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazonに飛んで購入できます。★★

そろそろ何か教育ママ的なことを始めようと思って色々本を読んでいる今日この頃です。
今日は、たらこが読んで良かったと思う教育指南本をご紹介します。

頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある

自分の子ども時代を振り返っても図鑑全集あったし地球儀で遊んでたなと、もっとも納得感の高かった本です。(たらこが頭がいいかはわかりませんが)でも、家に図鑑、地図、辞書があると知的好奇心がくすぐられるのは確かです。
役立ちそうな教材の紹介がたくさんあって、この本を読んだ後1万円分くらい衝動買いしちゃいました。

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

長く幼児英語教育に携わってきた筆者がおすすめの家庭英語教育や教材について書いています。わが家はこれを読んでから、英語の歌をかけるようにしました。

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる

一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる

この本はおすすめ教材の紹介というよりどちらかというと子どもへの接し方や心構えを説く本です。優秀な子を3人育てたミセス・パンプキンと、その息子さんの共著です。このミセス・パンプキンはネットでお悩み相談もしているのですが、その回答がなかなかいいので買ってみました。(少し昔の人っぽい考え方が強いですが)
ミセス・パンプキンの教育法は、専業主婦でないとすべてをマネするのは難しそうですが、エッセンスは役立ちます。また、優秀な学生へのアンケートが豊富で、なるほどと思わされます。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

「学力」の経済学

これは教育方法というより経済学者の視点で統計的に貧困層の学力は低く、犯罪率が高いといったことが書かれています。でも面白かったので載せちゃいます。

・ご褒美で釣っても「よい」
・ほめ育てはしては「いけない」
・ゲームをしても「暴力的にはならない」
といった、これまでの常識を覆すようなことも書かれてますが、科学的な根拠(データ)があるので納得できます。

教材について知りたいなら上の2冊がおすすめです。

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。