たらこのブログ。

ワーママのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、日々思うことなどをシェア。骨格はストレート、パーソナルカラーはサマーです。

経血カップを使い始めてみました

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

産後生理が重くなってしまい(量も多いし具合も悪め)、毎月来るたびに憂鬱になっていました。色々調べてみて、「経血カップをつけていると生理を忘れられる」と書かれた記事を読んで、購入してみました。

経血カップって?

タンポンのように体の中に入れて経血を受けとめるシリコン製のカップです。海外だと割とメジャーみたい。ディーバカップ、スクーンカップ、ムーンカップ、ナチュラルカップなど、商品名で呼ばれることもあります。 image]

経血カップの使い心地

たらこが買ったのは楽天のこちらの商品のLサイズ。Amazonとかいろいろ探してみて最安値でした。 30歳以上とか経産婦はLサイズがおすすめだそうです。

届いたときは「でかっ!」と思いましたね。そして思ったより固め。こんなん入れたら痛いんじゃ…という大きさです。 そして説明書にあるように二つ折りにして挿入を試みるものの、痛くて全然無理。

ネットで調べてみて、こんな風に三つ折りのように先を尖らせたらなんとか入れられました。

なんとか装着できても、その後も受難は続きます。 カップの先端につまみがついているんですが、椅子などに座るとそのつまみが当たって痛みを感じました。位置がうまくはまると痛みはありません。(このつまみは後述しますが、ハサミで切って短くしました)

装着後12時間くらいしてから外そうとしたのですが、これが大変でした。まず、中は真空状態のようになっているのでつまみを引っ張るだけでは出てきません。 引っ張って入り口までカップを下ろしてから、カップの下の方を指でつまんで折りたたみ(これが固くて難しい)、折りたたんだ状態で引きずり出します。

でも二つ折りくらいだとかなり大きいので、初回は痛くて死ぬかと思いました…

コツは体の中でしっかり折りたたむこと、まっすぐ引きずり出さずに斜めにしたりして小さな面積?で入り口を通すことでした。

あと、慣れないうちは爪は短く切っている状態でチャレンジしましょう。 たらこは爪で傷つけてしまい、回復に何日かかかりました…

経血カップの尻尾を切りました

たらこが買った商品はつまみが短めなのですが、それでも座ると装着位置によっては痛かったので、つまみをハサミで半分くらいの長さに切ってしまいました。これで少し改善されましたよ。

経血カップを使った感想

正直まだ使いこなせていないのですが、うまく位置がはまるとたしかに装着感がなくてラクなのと、ナプキン代やタンポン代が浮くので、もう少し使い続けてみます。

ただ、たらこには大きすぎて出し入れに痛みを感じるのと、つまみが大きくて姿勢によっては痛いので、同じ商品のSサイズか別の商品を試してみようと思います。

こちらが同じ商品(ナチュラルカップ)のSサイズ。2000円台と経血カップではこれが一番安いです。

一番有名なディーバカップ。ちょっと高めですが、3000円台なのでまだお求めやすいかな。

スクーンカップも有名どころ。5000円超とちょっと高め。

ムーンカップというのもあります。これも3000円台と割とお手頃価格です。

カップの洗浄はハンドソープで十分だと思いますが、専用の洗剤も売っています。

もう少し使いこなせるようになったらまたレポートしてみたいと思います。

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。