たらこのブログ。

ワーキングマザーのたらこが時短ワザやおすすめのグッズ、気になるニュースなどをシェアします。

メイク時間の時短に!アートメイクで眉を描いてみた

★★このブログで紹介しているものはリンクからAmazon楽天に飛んで購入できます。★★

アートメイク、ご存じですか? 刺青(違法)じゃないとアートメイクを施術するお店は言いますが、ライトな刺青みたいなものと思えばわかりやすいです。

刺青との違いは、半年~1年くらいで色が落ちること。 完全には色が落ちない場合もあるみたいですが、たらこの場合は全くといっていいほどわからないくらいに消えました。

たらこがアートメイクをするのは今回で3回目。 結婚前アイラインに、子どもが生まれてから眉尻に、今回は眉全体に入れました。

前回眉尻だけに入れたとき、苦手な眉尻を描く必要がなくなってすごく便利だったんです。 でも眉頭とか眉山は描かなくてはいけなかったので、今回は思い切って眉全体に入れることにしました。

まだ眉全体にアートメイクして1週間しか経っていませんが、ほんと入れてよかった!!

ワーママが眉全体にアートメイクした方がいい3つの理由

1. メイク時間が短くなる

当たり前ですが、眉毛をほとんど描かなくてよくなるため、メイクの時短になります。 たらこは今のところ眉はまったく描かなくても大丈夫。 数ヶ月したら色が落ちてくるので描かなくてはいけなくなると思いますが、それでもうっすら残っているので断然楽なはず。

2. 美しい眉をキープできる

眉毛って描くの難しくないですか? たらこはメイクが得意ではないので、毎回高さが違ったり、なかなか気に入った眉になりません。 でもアートメイクならプロが美しく(ほんときれいに!)描いてくれるので、いつもメイクがばっちり決まります。

3. すっぴんだってきれい

育児をしているとすっぴんでいる時間が増えますよね。 少なくともたらこは当社比500%増くらいの勢いで増えてます。 眉があるかないかですっぴんの美しさが全く変わります。これほんと。

アートメイクはどれほど時短になるのか?

ちょっと計算してみましたよ。

通常のメイクで眉毛にかかる時間が4分だとすると 4分×30日=120分/月

アートメイクにかかる時間+お店に行くまでの時間が4時間(240分)だとすると、2ヶ月で時間的には元が取れます

ちなみに眉全体のアートメイク代は28,000円でした。 これを高いと思うかどうかは人によりますが、時間はお金で買うものと考えているたらこには安く感じられました。 たらこが施術したのは銀座のASSUさん。 色や形もしっかり相談に乗ってくれるのでおすすめです。 ちゃんとカルテを作ってくれるので、数年前のデータ(仕上がりの色や形も)残っています。

アートメイクは高くてちょっと・・・という方には眉ティントがおすすめです。 友人のおすすめでたらこもこちらを使ってました。

Kパレット ラスティングアイブロウティント 02

Kパレット ラスティングアイブロウティント 02

ちなみに直接描くときはkateのアイブロウ。BR-3(自然な茶色)でフラットペンシルが描きやすくておすすめです。パウダーもついてます。 気に入りすぎて何度もリピしてます。

ランキンランキンで試してみたらこの眉スタンプも意外と自然でよかったです。

KPBS06J アイブロウスタンプ ナチュラルブラウン/アーチ

KPBS06J アイブロウスタンプ ナチュラルブラウン/アーチ

※追記 アートメイクを入れたあとは、軽くパウダーで補強すればいいだけになったので、今はこちらを使っています。

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン 2g

エテュセ チップオン アイブロー ナチュラルブラウン 2g

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪



「たらこのブログ。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。